訪問介護(ヘルパー)業務に対する意識調査を行いました。

サツマイモや栗など秋を感じる食べ物が食卓を飾る季節となりました。

〇〇の秋、やはり『食欲の秋』でしょうか😊

 

7月下旬に訪問介護(ヘルパー)の業務に対する意識調査として、可部南静養園全職員を対象に

アンケート調査を実施しました。

介護業界全体が人手不足と言われる現在、ご利用者様の今まで通りの生活を1対1でサポートする

ヘルパーという仕事は介護業種の中でも特に「やりがい」を感じられる職種だと現役ヘルパーは

思っているのですが…

介護資格を持っておられる世間の皆様の思いはどうなの? まずは介護に携わっている身近な

人からの意見を聞いてみよう! 聞いてみたい! と実施に繋がっていきました。

 

調査担当職員だけでなく、ヘルパー全員が集計結果をドキドキしながら待ちました。

「興味がある」・「業務として携わってみたい」へのチェックやご利用者お一人お一人の違う

環境での援助にねぎらいのメッセージなども記入されており、手応えをうれしく感じました😊

また、不安に感じていることなどのたくさんの思いを受け取ることができ、ヘルパー業務の

イメージアップや指導についての課題が明確になりました。

 

訪問介護に携わってみたいと感じておられる方、一緒にヘルパーをしてみませんか?

介護職の経験はなくとも施設内研修や同行研修でしっかり一人立ちできるよう

「真心」「信頼」「安心」の『どうえん理念』を身につけた先輩ヘルパーがサポートします。

 



 

ぜひ、連絡をお待ちしています。


職員の意見交換会を行いました!

 

日中も涼しくなり、過ごしやすくなりましたね。

 

OJT研修の一環として、職員の意見交換会を行いました。

社会人経験の少ない1年目から4年目の先輩職員が集まり、

日々の業務に対する思いや考えを話し合いました。

 

 

仕事のモチベーションをどのように保っているかという話の中で、

「ご入居者様にありがとうと言われたり、笑顔が見られると

やりがいを感じますし、それがモチベーションに繋がります。」

といった意見がありました。

 

他にも今まで福祉を勉強したことがない職員や

福祉施設などで働いたことがない職員からは

「OJT制度があり、指導者がついてくれるので安心する。

少しずつ慣れてきたけれど、コミュニケーションが一番難しい。」

という話が聞かれ、先輩職員からアドバイスをする場面もありました。

 

決して楽な仕事ではないですし、

支援させていただく中で、悩んだり落ち込んだりする事もありますが

それ以上に楽しい事や励みになる事もあります。

ご入居者様やご家族の皆様、地域の方から

感謝の言葉やお褒めの言葉をいただくと、

嬉しさと同時に身の引き締まる思いがします。

 

今回は1年目から4年目の職員が集まりましたが、

今後もこう言った職員の意見交換会を行っていくことで

職員の働きやすい環境作りにもつながると思います。

 

 


令和2年 敬老会

 

デイサービスセンター可部南静養園では例年、歌謡ショーなどをボランティアの方々を招いていましたが、今年は新型コロナウイルス感染症対策により職員による少し早めに手作りの敬老会を9月7日(月)〜12日(土)にデイサービスホール内にて催しました。

 

最初に傘寿、米寿、卒寿など節目を迎えられたご利用者様に、お祝いの品と職員から心を込めた感謝の手紙を贈りました。

 

 

 

 

ご利用者様の無病息災を願い、職員が手作りの獅子舞で練り歩きました。

最初は何かと驚いた表情のご利用者様も、次第に笑顔に変わり、元気よく動き回る獅子舞に、

多くの歓声と拍手をいただきました。

 

      

 

演目1 職員による懐かしのドリフのコント『少年少女合奏団』

音楽に合わせて早口言葉「生麦・生米・生卵」などなど、うまく言えたり、言えなかったり・・・・

アンコールでは、ご利用者様にも参加していただきました。

 

 

 

 

演目2 職員・ご利用者様による「ソーラン節」

敬老会本番に向け、ご利用者様と2週間前から練習を重ねてきました。

練習の成果もあり、ご利用者様と職員が一体となって踊ることが出来ました。

 

 

ご利用者様にも大変喜んでいただき、賑やかで楽しい1週間もあっという間に終わり、

早くも「来年が楽しみ」とのお言葉をいただけました。

これからも、ご利用者様に充実した日々を送っていただけるよう、レクリエーションやリハビリ、

年中行事を行っていきます。

 

 

※写真の掲載はご本人・ご家族に許可を得て掲載しております。


特養の花火レク

 

秋風が心地よい時節となりましたが、皆様は体調を崩されていませんか?

 

 

 

新型コロナウイルス感染症が流行する中、少しでもご入居者様に楽しんで

いただける行事はできないかと考え、特養では花火レクを8/288/312日間

に分けて開催しました。

夏といえば花火!ということで季節を感じ、昔の懐かしさを思い出して

いただけたらと思い企画を考えました。

 

 

可部南静養園には、花火に最適な広い駐車場があります。

 

 

まずは最初に噴出花火を一気に5連発しました。「わぁ〜すごい〜綺麗」

懐かしいね〜」等、昔を思い出されたのか、涙を流される方もいらっしゃい

ました。

 

 

 

 

 

 

 

次に手持ち花火と線香花火をしました。

最初は皆様遠慮がちでしたが、職員と一緒に花火をすることで、だんだんと

緊張もほぐれ、火をつける役が足りず、「私にも火をつけて〜」

「こっちこっち」と盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

最後に打ち上げ花火をしました!

花火が打ち上がると皆様の顔も自然と上に向き「わぁ〜おぉ〜」と歓声があり

盛大に盛り上がりました。

 

 

 

今後も皆様に喜んでいただける行事やレクリエーション活動を考えていきたいと思います。

 

 

 

熱中症対策のため、参加された方には飲み物をお配りしました。

 

 

 

 

 

 

 

※写真の掲載はご本人・ご家族に許可を得て掲載しております。



可部南静養園HP
職員募集中
広島県同胞援護財団 緑ヶ丘静養園 千歳園

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM