専門学校から介護実習生受け入れ

少し前の話になりますが、

8/20~9/21の一か月間、トリニティカレッジ広島医療福祉専門学校の学生3名を

介護福祉士実習で受け入れました。

 

この期間、実習生は夜勤も含めて職員に介護業務を学びます。

食事介助や排泄介助、ご入居者とのコミュニケーションやレクリエーションも行っていきます。

 

 

新聞紙で作った球で離れた場所の棒を倒す棒倒しゲームです。

 

単純なゲームですが、意外とこれが難しくご入居者も真剣になっておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手作りの棒倒しゲームは、ご入居者様にプレゼントされました。

 

ご入居者も実習生と触れ合う中で、普段とは違った表情を見せてくださいました。

「実習生と話して楽しかったよ。今度はいつ来てかね?」

と楽しみにされていました。

 

筆者自身も専門学校に在籍していた時、特養などの施設に実習させていただく機会がありました。

職員の方から介護技術を学びご入居者とコミュニケーションをしていく中で、

介護という仕事への興味と不安な気持ち両方を抱きながら勉強していたことを思い出しました。

 

実習を通して介護の仕事に向いているか?という、不安がありました。

そんなとき実習先の職員の方より、

「介護の仕事に向いているかどうかはわからないけど、どんな仕事でも向き合ってみたら?」

という言葉を頂きました。

介護の仕事に限らず、どんな仕事でも最初から他の職員と同じようにできることはありません。

そのことですぐにこの仕事に向いていないと見切りをつけるより、

仕事に対して真摯に取り組んで向き合うことが大事なんじゃないかというアドバイスでした。

 

この度の3名の実習生も様々な悩みや不安もあったかと思います。

筆者と同様の不安もあったのかもしれません。

 

実習生から実習を終えての感想を聞いた時に、この人たちは

介護という仕事に向き合えていたのではないかと感じました。

 

可部南静養園では引き続き実習生の受け入れを予定しています。

介護業界の未来を担う「人財」に会えることを、職員一同楽しみにしております。

 

 

 

※掲載について、画像、氏名などの個人情報の取り扱いは、ご本人・ご家族の同意を得ています。


スポーツレクレーション大会

8月に入り、残暑が続いています。

 

今年も8月3日に開催された、可部南学区職域スポーツレクレーション大会に参加しました。

 

可部南学区では恒例の行事で、可部南静養園からは6名が2チームで参加し、地域の皆さんと

 

交流しました。

 

男性チーム、女性チームに分かれて参加しました。

 

 

 

第3打です。居宅の水田は手加減なしです。しかし、この後5打を叩きました!!

 

 

 

                               ☆スポーツ大会に参加した職員の感想です☆

 

・最初はグランドゴルフのルールが分からなかったのですが、地域の皆さんが「こうするんよ」

 

 「こう打ったらいいんよ」など親切に教えて頂き、楽しくプレイできました。

 

   来年も参加したいです。

 

・夕方開催でしたが、夕涼みしながらグランドゴルフができました。日頃、職員同士は別々の階で

 

   仕事をしていますが、いつもとは違う雰囲気で交流出来ました。

 

  来年も参加します!可部南地区の皆さん今後もよろしくお願いいたします。

 

 

※掲載について、画像、氏名などの個人情報の取り扱いは、ご本人・ご家族の同意を得ています。

 


「介護支援専門員実務研修受講試験」の勉強会

毎年、居宅介護支援事業所の水田が「介護支援専門員実務研修受講試験」の勉強会をしています。

 

下記要領で行いますので、受講される方は事前に連絡ください。

 

水田が手作りの資料を用意し、皆さんのお越しをお待ちしております。

 

(施設外の方の参加も受付けます。)

 

 

日時:平成30年8月24日(金)から9月28日(金)まで 毎週金曜日 16:00〜17:00

 

場所:可部南静養園 ミーティングルーム

 

費用:無料

 

教材費:無料

 

詳しいお問い合わせは居宅介護支援事業所 可部南静養園 水田まで。

 

 


熱中症対策と手芸「コースター作り」

「猛暑日」

 

連日各地で最高気温は35度を当たり前のように超え、

40度を記録する所も多く、外へ出るだけでも危険な状況です。

 

猛暑という言葉よりも以前マスコミが使っていた「酷暑」という言葉の方がしっくりくるほど今年は暑さは異常ですね。

そのうち「灼熱日」なんていう日ができるかも。

 

 

可部南静養園では熱中症対策には力を入れています。

高齢者の方はおしっこを気にされたり、胃腸機能の減少から水分をあまり飲まれない方が多いです。

そういった方へは海藻由来のゼリーを提供しています。

 

もも味、リンゴ味、白ブドウ味の3種類のパウダーがあり海藻を主原料とした植物性のゼリーの素で固めて提供しています。

 

 

お茶等の飲み物だけでは沢山飲めない方でも、

ゼリーであれば飲む事が出来ると言う方が多く、

味もおいしく皆さんに大変喜ばれております。

 

海藻を主原料となっているので、食物繊維も摂れてお通じの改善にも役立っています。

 

ゼリーも立派な水分なので、飲み物だけで水分補給するのではなく

併用しながら熱中症対策をしていくと良いと思います。

 

 

 

 

先日施設では手芸のサークルでコースターを作りました。

 

 

このコースターを作る為に針の代わりにヘアピンを使っています。

 

 

作り始めてすぐは難しそうにされていた方も、

「昔取った杵柄」というものでしょうか。

 

 

みなさんすぐに昔を思い出されたようで、

手際良く作られていきます。

 

 

 

誇らしげに掲げたり、恥ずかしそうにされたりお互いに作った作品を

見せ合いながら、楽しそうに交流されました。

 

 

 

 

 

 

「昔は裁縫して当たり前よ」とおっしゃられる皆様。

年齢と共に指先の感覚や視力の衰えから敬遠しておられましたが、

針をヘアピンで代用してみるといった、ちょっとした工夫で

手芸もまだまだ楽しめることが感じられたようです。

 

こうした「ちょっとした工夫」でご入居者の皆さまを支援し、

今まで諦めていた事が出来る喜びというのを感じて頂ければ幸いです。

 

TVでも毎日のように十分注意するように報道されています。

熱中症には十分気をつけ、こまめに水分補給をしっかり行い、

エアコンにもしっかりお世話になって

この暑さを乗り切って行きたいと思っています。

 

 

※掲載について、画像、氏名等の個人情報の取り扱いは、ご本人・ご家族の同意を得ています。

 

 

 



可部南静養園HP
職員募集中
広島県同胞援護財団 緑ヶ丘静養園 千歳園

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM