西日本豪雨災害について

この度、西日本豪雨災害によって広島県並びに西日本の各地で

土砂災害や水害によって多くの方が被災されました。

 

犠牲になられた方のご冥福をお祈りすると共に、

被災地の一刻も早い復興を願っております。

 

思い起こせば可部南静養園が誕生した2014年も、

安佐南区安佐北区を中心とした豪雨災害がありました。

 

広島市のハザードマップでは可部南小学校区は

根谷川が氾濫した場合、太田川が氾濫した場合双方に置いて

多くの場所が0.5mから3m浸水すると想定されています。

 

その場合の「指定緊急避難場所」は可部南小学校がこの地域では

最初に避難場所として開設されます。

 

しかしその避難場所に向かう際に、目前急迫の浸水被害の危険に

さらされた場合緊急一時的に退避する為の施設として、

可部南静養園は「緊急退避施設」としての役割があります。

 

 

この緊急退避施設は地上4階建て以上で退避できるだけの

十分な広さがある事が条件となっています。

可部南静養園は4階のセミパブリックスペースとリハビリテラスにおいて避難者を受け入れる体制を整えています。

この度の豪雨災害でも避難指示が出た際には、近隣の方が15名ほど、

この4階のセミパブリックスペースに避難されました。

 

また災害が発生し、市が設置する学校の体育館等の「生活避難場所」での

避難生活を送る事になった場合、避難生活が長くなると、

高齢者や障害者等の方々には車いす対応のトイレやスロープ等の設置や

専門的なケアなど福祉的配慮が必要となる場合があります。

 

その場合「福祉避難所」としての役割があります。

1階にある地域交流スペースと2階、3階それぞれのセミパブリックスペースが受け入れ場所となっております。

 

 

現在、被災者の方やボランティアの方に対して、入浴支援の一環と

して、1階にあるシャワールームをご利用いただけます。

 

 

 

シャンプーやボディーソープ、タオル等も用意しておりますので、

事務所までお問い合わせください。

 

 

2014年に続いて今年も被災する事となった広島市では

改めて防災に対する意識が求められると痛感しました。

 

この可部南小学校区は太田川と根谷川に挟まれた地域ですので、

大雨の際は洪水に対する警戒が求められる地域です。

 

何かあった時にはどこに避難すればいいのか?

避難所までの経路やそれまでの緊急の退避場所は?

様々な事を想定し、自分の身を守る事を考えなければなりません。

 

この度のような災害時に可部南静養園はどのように役割を果たせるか。

そういった事を改めて見直し、地域の皆さまと共に歩んでいければと思います。

 


介護職員実務者研修

介護職員実務者研修

 

今年も介護職員実務者研修が始まりました。スクーリングは5月16日から9月15日までの計9回の開催で、当施設から6名、同法人から2名を含む13名の参加となりました。この研修は介護福祉士受験の必修研修で、毎年分かりやすいと好評のスクーリングです。

 

「どうえん」ではエビデンス(根拠)に基づいた介護を提供するために、介護福祉士取得を積極的に勧めており、専門性を高めるとともに、モチベーションが上がるように、バックアップ体制をとっています♪

 

 

 

意見交換や発表等の グループワークもあります。

疑問点は先生や仲間に確認し、その日の内にすっきり解決できます。

 

実技は日頃の介護を思い浮かべながら、一つ一つ確実に行っています。

厳しくも、ユーモアも交えての講義で、あっという間の一日です。

 

 

☆☆昨年の介護職員実務者研修に参加して介護福祉士に合格した職員の感想です☆☆

 

「担当の先生の授業がとても分かりやすく、丁寧だったので良かったです。介護福祉士の試験を受けるうえで参考になる研修でした」

 

「可部南静養園で開催され受講しやすく助かりました。受講生も法人内外の他施設の方々で、情報交換もでき有意義な時間となりました。介護福祉士の資格を日々の支援に活かしていきたいと思います」

 

「介護福祉士を取得するために実務者研修を受け、合格するために一生懸命勉強しました。研修で一番学んだことは、ご利用者の気持ちを考えるようになったことです」

 

「正直仕事をしながらの勉強は大変でしたが、その分合格が分かった時の達成感と喜びはとても大きかったです。これからは介護福祉士としての自覚を持ち、勉強したことをご利用者のために活かして行きたいと思います」

 

来年の介護福祉士の試験に向けて頑張ってください! 職員、一同応援しています!

 

 

 

※掲載について、画像、氏名などの個人情報の取り扱いは、ご本人・ご家族の同意を得ています。

 

 


お花見(ショートステイ)介護保険説明会

お花見(ショートステイ)

 

4月5日(木)ショートステイで、広島市森林公園へ行きました。

出発時点では、曇っており、風が冷たく「桜はまだ大丈夫かね。まだ咲いとるかね」と

不安そうな声があがっていました。公園に着き、満開に咲いた桜並木路に入ると

「まあ、見事な桜じゃね。きれいじゃね」と喜んでいらっしゃいました。

 

花見 会話

全員で一つのテーブルを囲み、会話を楽しみながらお弁当をいただきました。

 

花見 乾杯

「乾杯、いただきま〜す!」

 

花見 記念撮影

園内を散策して、桜の木の下で記念撮影をしました。

帰園後、同行しなかった職員に「桜、きれいじゃったよ。つつじも咲いとった。

お弁当も美味しかった」と楽しそうに話をして下さいました。

 

 

介護保険法改正についての説明会

 

4月15日(日)午後2時から、可部南静養園の地域交流スペースにて、ご家族に

平成30年度の介護保険法改正について、「利用者負担の変更」「介護保険負担限度額」

「加算」の内容について説明会を開催させていただきました。

平成27年度の改正に続いて、2回目の説明会となりました。

 

介護保険法改正

今回は21家族、28人に参加していただきました。お忙しい中ありがとうございました。

改正の内容をしっかりと検討し、ご利用者やご家族に少しでも快適に過ごして

いただけるよう、取り組んでまいります。

 

 

※掲載について、画像、氏名などの個人情報の取り扱いは、ご本人・ご家族の同意を得ています。

 


デイサービス作品展

デイサービス作品展

 

 デイサービスでは、月2回余暇活動の一環として、利用者の皆さんと手芸を行っています。

この度、施設玄関前にて「作品展」を開催させていただきました。

 

 

 出来上がるまでは、「出来るかしら、これであってるかな」と心配されていましたが、

出来上がると、皆さんとても明るい笑顔を見せてくださいました。

 

 

 毎年作っているマグネットです。今年は干支に合わせて、犬のマグネットを作りました。

 

 

 毛糸で編んだ花飾りや、アクリルスポンジです。皆さんとても丁寧に作られました。

 

 

 紙粘土で作ったお雛様です。

お一人お一人同じ見本を見て作ったのですが、それぞれ個性のある顔立ちになりました。

 

 

 皆さん達筆ですね。

 

 

 全員で力を合わせて大きな作品にも挑みました。

 

モザイク貼り絵「神楽はんにゃのお面」です。色画用紙を切って貼りました。

最初はご利用者も、きちんと出来るか半信半疑でしたが、

次第に全体図が分かると、歓声が上がりました。

 

 

 今年もカープの優勝の想いが詰まっています。

 

 

 紙粘土で作ったバラです。きれいに出来あがりました。

 

 

※掲載について、画像、氏名などの個人情報の取り扱いは、ご本人・ご家族の同意を得ています。



可部南静養園HP
職員募集中
広島県同胞援護財団 緑ヶ丘静養園 千歳園

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM